脱毛時の肌のコンディション

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

永久脱毛をしようと考える時には、お肌のコンディションの事も考えなければいけません。
なぜならエステや家庭用脱毛器は大なり小なりお肌に刺激を与えるからです。

例えばお肌が荒れている時、海やプールなどで日焼けした直後などの脱毛は控えた方が良いでしょう。

特に日焼けしてすぐは肌にダメージを負った状態で、大変傷つきやすくなっています。
もし脱毛をしたいと思っている場合はできるだけ日焼けしないように気をつけて、お肌を健やかな状態に保つ事を心がけましょう。

フラッシュ脱毛などは黒い色に反応して毛や毛根にダメージを与えるものですが、日焼けしたお肌や地黒のお肌程度の色には反応することはないようですので心配はいりません。

ただし真っ黒に日焼けしてしまった場合は注意が必要です。
日焼けしてしまった後は保湿などのケアをして、お肌の回復を待ちましょう。

とはいえ脱毛のために神経質になる必要はありません。

強い日差しを長時間浴びるような事は出来るだけ避けて、普段通りのケアを行っていれば特別なお手入れがなくても問題はないでしょう。
エステや家庭用脱毛器など手軽で身近になっていますが、お肌の負担についての認識を正しく持つことが大切です。

日焼けあとのお肌が傷つきやすいことと同様に、脱毛のあとのお肌も傷つきやすくなっています。

脱毛の施術後は暫く強い日差しを長時間浴びたりすることのないように注意しましょう。
お肌のダメージについての意識を持ってケアすれば、よりトラブルの少ない脱毛を行えるでしょう。

タグ: , , ,