エステ脱毛と家庭用脱毛機の比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

エステ脱毛を検討するのは、家庭での自己処理に満足がいかないという理由があると思います。そこで、家庭での自己処理の中でも家庭用脱毛器に関してのメリットとデメリットをまとめます。

家庭用脱毛器は自宅で何回でも活用でき時間に縛られたり外出したりする手間がないので非常に便利です。家庭用脱毛器の中には、女性向けのものだけでなく、男性のヒゲ脱毛に対応できるものもあり、家族内で使い回しが出来たり、コストの面では非常にメリットがあるものと思います。

しかし、家庭用脱毛器ではデリケートゾーンの脱毛はできません。VIOライン(V:ビキニライン、I:性器周辺、O:肛門周囲)の中でもIラインとOラインには使用は危険があります。この部分は非常に皮膚が弱いためです。(ビキニラインに関しては、腕や脚などの部位と比べ痛みは強いですが、使用可能なようです。)

この部位に関しては、やはりエステサロン等での脱毛を受ける方が安全と言えます。
エステ脱毛と家庭用脱毛器に関して、どちらを選ぶかはそれぞれのメリットとデメリット、または料金やエステサロンへのアクセスによって決めると良いと思います。特に、アクセスに関して、自宅近くにエステがある場合は良いのですが、エステに通うために何時間もかかる、交通費がかかる場合は、脱毛料金以外の出費も頭に入れておかなければなりません。

最近のエステ脱毛は光脱毛を行っています。各部位に関して1〜2年以上の長いスパンが必要ですが、痛みもほとんどなく十分な効果を得られます。

長いスパンで見ていいから痛みがなく効果を実感したいのであれば、脱毛エステをオススメします。
また、家庭用脱毛器に関しては、その機種によって効果はピンからキリまでありますので、ネットのレビューや体験談を良く確認して機種を選ぶことも必要になります。

自身や家庭全体のライフスタイルに合わせ、脱毛方法を選ぶことも重要です。

タグ: , ,